川口衞構造設計事務所

KAWAGUCHI & ENGINEERS

万国博覧会 富士グループパビリオン(1970)

« BACK

・建設地 大阪千里丘陵
・建築設計 村田豊建築設計事務所
・構造の特徴 空気膜アーチ構造
・受賞 1970年 科学技術庁長官賞

富士グループパビリオンは,室内外の気圧差を必要としない空気膜アーチ構造を採用している。プランは外径50mの円形である。このプラン上に直径4m、実長72m(一定)の16本のアーチ型チューブを立てて行く。中央の2本は半円アーチとし、隣り合うアーチが互いに密着するように並べて行くと、幌馬車風の形態が幾何学的に定まる。これがこのパビリオンの基本形である。最高高さは31mである。 富士グループ館は,膜構造建築の中でも「空気膨張型」と呼ばれるもので、このタイプの空気膜構造の例としては、世界最大である。

国立代々木競技場 サンジョルディ・パレス なみはやドーム なら100年会館 ハティバ闘牛場 万国博覧会 お祭り広場大屋根 同 富士グループパビリオン 向ヶ丘遊園展示場 鬼石町多目的ホール
姶良総合運動公園体育館 日向市駅舎 JR高知駅 セラミックパークMINO イナコスの橋 永楽橋 ゲノムタワー 天津モニュメント 100mジャンボ鯉のぼり