川口衞構造設計事務所

KAWAGUCHI & ENGINEERS

なら100年館(1998)

« BACK

・建設地 奈良県奈良市三条宮前市
・建築設計 (株)磯崎新アトリエ
・構造の特徴 PCシェル構造、鉄骨造(パンタドーム工法:パンタウォール併用)

本施設は,奈良市制100周年記念事業の一環として1992年春に行われた国際コンペの当選案である。 長軸138m,短軸42mの楕円形平面の輪郭上に、計240枚のPCパネルを配置し,本体の外殻を形成する。PCパネルは上下二つのピースに分割され,両者が折畳まれた状態で地組みされた後、パンタドーム構法によってジャッキアップされた。パンタドームは,リフトアップのプロセスで,完成後の形よりもダイナミックな形状を示す瞬間を見せた。

国立代々木競技場 サンジョルディ・パレス なみはやドーム なら100年会館 ハティバ闘牛場 万国博覧会 お祭り広場大屋根 同 富士グループパビリオン 向ヶ丘遊園展示場 鬼石町多目的ホール
姶良総合運動公園体育館 日向市駅舎 JR高知駅 セラミックパークMINO イナコスの橋 永楽橋 ゲノムタワー 天津モニュメント 100mジャンボ鯉のぼり